月刊散財報告2006年10月04日 00:03

ネタがないので恒例9月の散財報告

[コミック]

  • フルーツバスケット21巻
  • ジパング25巻
  • キミキス アンソロジーコミック2巻
    フルバは花とゆめでの連載が佳境に入っているようで、コミックもあと2巻程で完結らしいです。

    [DVD]

  • ストラトスフォーA完結編 CODE:207
  • 桜蘭高校ホスト部Vol.3
    ストラトスフォーはいよいよラストに向けて話が動き出したが、どうケリをつけるんだろう。全く予想が付きません。

    [フィギュア]

  • 魔法少女リリカルなのは 高町なのは1/6フィギュア MOVIC限定版
    品物が届いたとき、箱の巨大さに驚いたが、結構予想よりもでかい。限定版なのでレイジングハートはエクセリオンモードでさらに派手です。完成見本というか、組み立て解説などが一切付いてないので、足につけるフィンの付け方とかは適当です。設置場所とかにも困ります。なのはのフィギュアはGSCやコトブキヤからも出る予定ですが、さすがに全部は揃えるつもりはありません。MOVICの通販サイトからはフェイトの限定版も買わないか?との悪魔のささやきメールが届いていますが、金銭的につらいのでむりです。限定版・通常版の両方買うという勇者な方もいらっしゃるようで、恐れ入ります。

  • 8月の散財報告2006年09月16日 17:49

    もう9月の半ばですが、8月に購入したアイテムなどをリストアップしてみました。

    [コミック]

  • しにがみのバラッド。2巻
  • げんしけん8巻
  • 謎の彼女X1巻
  • マリア様がみてる6巻
    げんしけんは8巻で最終巻と思っていたのですが、12月に同人誌付き特装版の9巻が出るようですね。書き下ろし分も含めかなり期待大です。
    げんしけんのアニメの続編を望んでいたのですが、なぜかくじびきアンバランスの方がTVシリーズ化で10月放送開始らしいです。げんしけんのBOXに付いていたOVA版とキャラデザ・声優陣ががらりと変わってしまっているようです。まあ、別物としてみた方がよいのでしょうね。
    マリア様がみてるはやっと「バレンタインのデート編」と「紅いカード」ですね。ドラマCDもそうなんですが、このペースではいつまでたっても原作小説においつかないのではないでしょうか? まあ、いつかは原作シリーズは完結するのでしょうけれども。コミック版は中途半端で終わって欲しくないです。

    [DVD]

  • 桜蘭高校ホスト部Vol.2
  • Kanonプレリュード
  • ストラトスフォー LOG BOOK
    Kanonプレリュードは誤って2重発注してしまい、同じモノが2つに。未開封なら返品可なのですが、本体2000円弱の品物に送料600円近くかけるのも何なので友人に引き取ってもらいました。
    ストラトスフォーLOG BOOKは今までの総集編&完結編の予告のみなのですが、飛行機オタクのスタッフ座談会が一番おもしろかった(笑)

    [CD]

  • 原田知世「2000 BEST」
  • 薬師丸ひろ子「ゴールデン☆ベスト」
    某日記サイトで「思わず買っちゃいました」との記事を見て、連鎖的に購入してしまいました。テラナツカシス~
    早速MP3プレイヤーに取り込みました。

    9月もいろいろ散財してますし、月末付近にDVDが控えているので、また報告したいと思います。

  • 7月期開始アニメ2006年08月13日 23:24

    4月開始アニメが2クール続くものが多いため、7月期開始アニメは少ないのですが、その中でお薦めなのは「僕等がいた」です。
    原作は小学館の別コミ連載のコミックで、小学館漫画賞少女コミック部門を受賞した作品です。
    じつは、時間が無くてリアルタイムで観てなくて、先日録りだめした分を一気に観て、すっかり気に入ってしまいました。柔らかいタッチの絵と、新人声優さんの初々しい演技に引き込まれ、また、大地丙太郎監督の演出もテンポよく、久しぶりにツボにはまったアニメです。第4話のエンディングに加藤いづみの「好きだから」が流れたときはもうボロ泣きしてしまいました。
    エンディングは何人かが交代で歌っているので、毎回加藤いづみの歌が聞けるとは限らないのですが、やはり切ないラブストーリーに彼女の曲はベストマッチしていると思います。
    加藤いづみ公式HPによると、大地監督からエンディングを歌って欲しいとオファーがあったそうです。今のところ、この「好きだから」はCDリリースの予定はないようですが、アルバムに収録されたりするのでしょうか。発売が待ち遠しいです。
    これだけはまったアニメなのですが、なぜか原作コミックには手を出していません。というか、既刊が10巻まで出ているのでお金とヒマがありません(^_^;
    最近のコミック原作アニメで、コミックを買ったのは「かしまし」「しにがみのバラッド。」くらいで、あとは「まほらば」の9巻以降を購入したくらいです。というか、アニメ化になった時点で既刊が10巻以上あるとそれだけで躊躇してしまいますね。とにかく最近いろいろなコミックに手を出しているので、これ以上蔵書を増やしたくないというのが本音です。

    しかし、水色時代ではほぼ原作通りのストーリーでアニメが作られましたが、原作でしか描かれなかったストーリーとかあるので、原作コミックをすべて敬遠してしまうのは邪道なのかもしれません。ただ、昔ほど小説やコミックを読破するパワーが落ちてきたのは確かです。
    今悩んでいるのは「僕等がいた」のDVDをシリーズで揃えるかどうかです。全9巻で最終巻が発売になるのが2007/6/30と相当先なのがちょっと気がかり。やはりオンエア版から作画修正とかされるんでしょうか?それなら全巻集める価値はあるかな・・・。
    でもマリア様がみてるOVAとかも購入しなくちゃならないしなぁ。資金をどこから捻出せよというのでしょうか? あとはBOXものが突然発売決定!とかにならないことを祈るのみです。

    マリア様がみてるOVA2006年08月08日 22:39

    OVA版マリア様がみてるが11月末から発売、各巻50分×全5巻らしいです。
    内容は「子羊たちの休暇」から「チャオ ソレッラ!」までということになりそうです。
    で、アニメ初登場となる細川可南子のCVは小清水亜美に決定しました。現状のキャスト陣とのバランスを考えると中原麻衣あたりになるのかと勝手に予想していましたが、外れてしまいましたね。
    ここで問題となるのが、「バラエティ・ギフト」内の短編「ショコラとポートレート」で登場する内藤笙子の存在である。
    おそらく今回のOVAシリーズには登場の機会はないと思われるが、もし続編のシリーズ化が実現した場合、「妹オーディション」で彼女が中心的役割を果たすわけで、いきなり登場させても前振りなしではついてこれない原作未読者が出るかもしれない。
    続編のシリーズ化が決まったら、是非「ショコラとポートレート」も含めて映像化して欲しいと切に願うものである。

    ところで、今週末は夏コミが開かれるが、当初は老体にむち打って出かけてみようかとも考えたりしたが、お気に入りのサークル「鉄棒少年」さんのオフセット新刊本が出ないとわかったので今年も引きこもってようかと思います。
    友人は、オンラインゲームで知り合った人がサークル参加で上京するので、その迎撃オフをやるそうです。少しはその行動力を見習いたいです。